女の人

することが沢山ある喪主と遺族|葬儀の流れを知っておこう

小さな葬式費用の仕組み

葬儀場

様々なことに費用が発生

豪華な設備と大人数の参列者によって故人を送り出す、昔ながらの一般葬の割合は4割くらいとされており、参列者が30人以下の家族葬は3割くらいとされています。地方よりも都会になるにつれて家族葬の割合は増え、大東も同様です。知っている顔ぶれの近親者ばかりで故人を見送れるので、遺族は挨拶や受付などに手を取られることがなく、ゆっくりとお別れすることができます。大東の家族葬にかかる主な費用は斎場費用や火葬料金、火葬休憩室料、祭壇料、棺の費用に分別されます。又、それだけでなく、寺院費用や接待飲食費用、霊柩車代がかかることも多くあります。葬儀会社では普通葬儀一式費用を用意していますが、その中には寺院費用や接待飲食費用、霊柩車代が含まれていないのが普通です。大東で葬式を出す段になったら、参列者の数を決め、それに合わせた斎場を選びます。斎場に直接依頼すればコストの削減になりますが、葬儀会社に依頼した方が色々とリードしてくれるという点は安心です。葬儀一式費用の他に幾らかかるのかをしっかり考えた上でプランを選択するといいでしょう。オプションで払う分が多額になって驚いたという人も少なくありません。また、大東でできるだけ葬儀費用を抑えようと思ったら、火葬以外の会場を自宅にするか公営斎場を利用するといいでしょう。今では珍しくなった自宅での葬儀ですが、昔は一般的でした。しかしながら参列者を減らす分香典も減るということですから、家族葬が費用を抑えられるとは一概には言えません。その辺りも考慮して葬式の規模を考えてはいかがでしょうか。