男の人

することが沢山ある喪主と遺族|葬儀の流れを知っておこう

お通夜の前に決めること

花

喪主を決め世話役を頼む

横浜で行う通夜・葬儀の準備は、まず喪主を決めることから始めます。形式は故人の遺志を尊重し、遺族間でよく話し合って決めることが大切です。喪主は故人に最も縁の近い人であり、葬儀を主催し遺族を代表して葬儀のすべてを執り行う立場にあります。横浜では一般的に結婚している場合は配偶者が、配偶者が亡くなっていたり高齢の場合は子供が喪主になり、未婚の子供が亡くなった場合は親が喪主を務めます。最近は、家庭の事情で喪主が長男とは限らず、同居している子供が務めることも多くなっています。横浜の葬儀の喪主は、法要などの施主になることも考慮に入れることが、喪主を選ぶポイントです。葬儀の主催者は喪主や遺族ですが、短期間に対応することがたいへん多いため、全てのことを喪主が取り仕切るのは無理があります。そこで、喪主や遺族に代わって動く何人かの世話役を頼む必要があります。必要な世話役は会計係、受付係、進行係、台所係、接待係、会場係、配車係などです。世話役の要となり、業者や宗教関係者との打ち合わせに参加しながら、葬儀全般の指揮を執る人が世話役代表(葬儀委員長)です。故人と親交があり、喪家の事情をよく知っている経験豊かな統率力のある人を選んで依頼します。世話役代表には葬儀内容に関する喪主の意向を伝え、住所録や当座の現金など葬儀の進行に必要なものを預けます。横浜で行う葬儀では、世話役は喪主側の立場となり、喪服を着用し喪章を身に着けます。

お葬式をするなら

お葬式といえば、「通夜、葬儀、告別式」とするのが一般的でしたが、最近は火葬だけで済ませてしまう場合もあります。藤井寺でも火葬だけで済ませる火葬式をする人が多く、火葬式にぴったりな市営火葬場もあります。

葬式も賢くする時代です

費用抑制の観点から近年では親類だけが参列して葬式をする家族葬に人気があります。その仕組みは葬儀会社の検討・決定から始まり、遺体の葬儀会社への搬入・安置部屋へ留置、納棺が行われて通夜、告別式を経て、斎場で火葬となります。多くの人が住む門真市では葬儀件数も多く、家族葬が盛んとなっています。

小さな葬式費用の仕組み

大東で家族葬を出す場合、参列者の人数を決めて斎場を選びます。大抵の葬儀会社では葬儀一式プランを用意していますが、オプション費に沢山かかることも多いので気をつけたいところです。内訳をしっかりと確認してプランを選ぶといいのではないでしょうか。